感染の危険性が高いクラミジアと、クラビットなどの治療薬について

個人輸入という手段

	 curative

通販でジスロマックやクラビットを購入する前に、日本の薬事法について最低限の知識は持っておきましょう。
海外の薬を輸入することについて不安を感じる方も多いのですが、日本の薬事法について詳しく知ることで、不安を払拭できるかと思います。

薬事法とは、薬の販売方法について規制しているものです。
これは薬の品質を高めるためと、危険な薬を簡単に購入できないようにするための法律です。
薬事法の内容はかなり多岐にわたるのですが、私たちの生活に大きくかかわっているのは薬の分類についてです。
薬事法において、使用の際に医師の説明が注意が必要な薬は「処方箋医薬品」として指定されています。ジスロマックなどの性病に関する薬もこれに当たります。
処方箋医薬品はその名の通り医師の処方箋がないと購入ができません。すなわち病院でもらえる薬だと思っておきましょう。
それ以外の薬に関しては、副作用の強さによって第1類から第3類までに分類されています。第1類から第3類までの薬は薬局でも購入できますので、私たちにとって身近な薬だといえます。

実は日本の薬事法はかなり厳しく、海外では安全だとされている薬に関しても処方箋医薬品に指定されています。
同じ薬でも海外なら市販されており、日本では病院に行かなければならないものが非常に多いので、日本では薬の選択肢が狭くなっているといわざるを得ません。
ただ、薬事法で規制されているのは日本国内での販売方法のみなので、海外の市販薬を個人輸入して使用することは認められています。
つまり、個人輸入をうまく利用することで、薬の選択肢は大きく広がるといえるのです。
もちろん海外の市販薬ならなんでも輸入できるわけではなく、危険なものは規制の対象になりますが、ジスロマックやクラビットなら問題なく輸入できます。
個人で利用する分には違法性もありませんし、薬の中身も国内で使用されているものと全く同じなので、安心して利用できます。