感染の危険性が高いクラミジアと、クラビットなどの治療薬について

ジェネリックで安価に

	 cure

クラミジアの治療はクラビットやジスロマックで簡単に行うことができます。病院に行かずに薬を購入したい場合は、海外の薬を輸入して使う方法をとりましょう。個人輸入の代行通販を利用すれば、簡単に薬が手に入ります。

この記事の続きを読む

最も気を付けるべき性病

healing

クラミジアという性病をご存知でしょうか。
クラミジアは日本で最も感染者数が多いといわれる恐ろしい性病です。実際に病院に行っている患者として25,000人程度が確認されているのですが、クラミジアは症状がほとんどあらわれないので、実際に病院に通っている方は少ないと考えられます。実際はその何倍もの感染者がいると言われています。
症状があらわれないことから感染を自覚することが難しく、無自覚のうちにどんどん病気を蔓延させてしまう可能性が高いといえます。
症状があらわれない分、緊急性は低いと思われがちですが、病気が進行し続けると、女性の場合は不妊症になる危険性があります。
男性の場合は睾丸炎にかかってしまった挙句に精子を作る能力が低下することもありますので、男女ともに子供を作ることが難しくなる可能性があります。
自覚症状が乏しいゆえに、これらの症状に発展する可能性が高く、クラミジアの感染はすぐに察知し、早期に治療を行う必要があるといえるでしょう。
エイズより症状は軽くても、感染の危険性は圧倒的に高いので、クラミジアに対する危機感をしっかり持っておきましょう。

クラミジアの感染にいち早く気付くためには、わずかな症状にも敏感にならなければなりません。
男性の場合は、尿道から透明の膿が出ます。無痛であることが多いので気づくのは難しいのですが、少しでも不調を感じた場合は感染を疑った方が良いかもしれません。
女性の症状はわずかにおりものが増える程度のことしか起こりません。気づくことは非常に難しいですが、パートナーが感染しているときは自分も感染している可能性が高くなっていますので、パートナーの体調についても気を配っておきましょう。
できれば定期的に性病検査を行うことによって、感染の有無をはっきりさせるのが理想です。万が一感染してしまっていた場合は、ジスロマックやクラビットなどの薬で治療を行います。

クラビットの効果・副作用や服用方法はコチラ

個人輸入という手段

	 curative

日本は薬事法が厳しいので、市販で購入できる薬の範囲が限られているといえます。海外から輸入する方法ならジスロマックやクラビットなどのクラミジア治療薬も手に入りやすいので、有効に活用しましょう。

この記事の続きを読む

輸入の注意点

medicine

個人輸入は代行通販を利用することで簡単に行うことができます。クラミジア患者の多くが代行通販を利用してジスロマックやクラビットを購入しているのですが、個人輸入ならではの注意事項があることも覚えておきましょう。

この記事の続きを読む